子育て塾長づかっちのブログ

教育に夢と感動を。そして少しのユーモアを。

字の汚さについて

字の汚さを指摘する際に

 

 

もっとちゃんと書きなさい!

 

 

の、「ちゃんと」は曖昧すぎて伝わらないことがあります

 

 

本人はちゃんと書いてるつもりが多いからです

 

 

これがなかなか難しいところ

 

本人の認識と

 

他者(ここでいうと親や先生)の認識がずれてる

 

でも、それを一致させるのは簡単なことではないので

 

そもそも

 

本人はこのままでいいじゃん?

 

と思ってる

 

だから、「ちゃんと」書きなさいと言われても

 

 

はいはい、わかったよ

 

 

その場で、他者が見てる間は、ゆっくり時間かけて書く

 

でも、5秒後くらいには元の字に戻ってる

 

そんなことはよく起こってるんじゃないですかね

 

 

じゃあどうしたら良いんですか?

 

字の汚さを直すためには2点、必要だと思います

 

まずは、1点目、

▼自分自身で字の汚さに気づき、直そうという意識を持つ

 

あ、オレの字って汚いんだな、ちょっともう少しうまく書かないとな

 

という客観的に自分を見つめることが大切ですね

 

いくら、字が汚い汚いと言われてても自分的には満足していることには、耳を傾けないですし、直そうとしないですね

 

 

2点目は、

▼お手本があること

 

どんな風に書いたら良いのかが明確

 

どの書き方が良くないのかが明確

 

字の汚さに気づいたら、今度はどんな風に書いたら良いのか

 

その見本があると、自分の字と比較しやすい

 

何が良くないのか、親や先生も指摘しやすい

 

見本を真似る

 

うまい字が元からあるわけではなく、うまい字を書いてる人はうまい字を真似てるだけなんですよね

 

その通りではなくても、真似して字を近づけることはできます

 

字の汚さを直すのは、奥が深く、その子どもの個性もあるので、うまく寄り添ってアドバイスをしていきたいですね