子育て塾長づかっちのブログ

教育に夢と感動を。そして少しのユーモアを。

引退した3年生へ

部活を引退した3年生へ

 

この数日間でほとんどの運動部の3年生が引退したと思う

 

勝ち残って地区大会や県大会へ出場する学校を除くと、

 

だいたい8割くらいの生徒たちは部活を引退する

 

試合終了のホイッスルで、コートに泣き崩れる3年生たちを今年も見た

 

あと一点、あと一歩のところで試合に負けて、悔しさがこみ上げてくる

 

スポーツの世界は残酷だ

 

スポーツの世界は、勝者より敗者の方が多い

 

つまり、誰もが一度は「負け」を経験する

 

生まれてから一度も負けたことがない

 

という人はほとんどいないだろう

 

誰もが「負け」を経験するもの

 

学校のテストでも、学校の体育祭や合唱コンクールでも

 

そこで勝てなかった時、「負け」をどう捉えるか

 

それが大事になってくる

 

「負け」を経験した時に

 

「今までやったことは無駄だった。」

 

「どうせ無理だった」とネガティヴに捉えるのか

 

それとも

 

「試合に向けて努力した日々があった。」

 

「苦しかったり辛かったりした時、仲間と支え合って乗り越えられた。」

 

この「この悔しさをバネにして高校へ行ってもがんばろう」とポジティブに捉えるのか

 

同じ「負け」でも捉え方次第で、次への行動が変わってくる

 

どちらの捉え方が良いかは明白だ

 

すぐには無理かもしれないけれど

 

落ち着いたら、

 

負けをポジティブにプラスに捉えた方が絶対に良い

 

それに

 

部活動は「引退」したかもしれないが、中学校はまだ終わっていない

 

これから高校もあるし、社会に出てからも「真剣勝負の場所」はある

 

リベンジのチャンスはいくらでもある

 

今回の「負け」を自分の財産にして、次なる目標に向けて走りだしてほしい

 

もうすぐ期末テストがある

 

勉強はスポーツより結果を出しやすいものだ

 

づかっちはずっと野球をやってたからわかるけど、素振り100回やってもヒットを必ず打てるわけではない

 

練習をしてすぐに結果が出るほどスポーツは甘くない

 

だけど、スポーツに対して

 

勉強なら100問の問題を解けば解ける問題は確実に増えるものだ

 

単語や漢字を10回書けば書けるようになる

 

練習したことが結果に結びつきやすいから、

 

勉強の方が結果を出しやすい…!

 

だからさ

 

今まで部活に注いできたパワーを勉強に注いでみよう

 

本気で受験勉強してみよう

 

そしたら勉強も面白くなってくるよ

 

部活動を引退した3年生で、

 

もし何もなくてやることがなくて心にぽっかり穴が空いているなら、、、

 

スマホゲームやダラダラしても変わらないからさ

 

本気で勉強に全パワーを注ぎ込んでみてはどう?

 

引退した3年生へ伝えたいことです